介護分野の求人について…ヘルパー,正規職員,パート 介護・福祉ガイダンス…介護福祉士や介護保険など



介護分野の求人について…ヘルパー,正規職員,パート

新たに介護保険法が改正施行されることになり、介護分野の求人が伸びているようです。
また、これ等の介護の求人と同じく、介護分野の養成講座もたくさんあるようです。

しかし、実際に働くようになってみると、賃金が予想以上に低かったり、女性にとってはある一定以上働くことで税金の面で不利になったりと…問題がおきています。このため、ホームヘルパーなどの資格をとったものの、実際には働いていない人の数はかなりいる様子です。

不安定な身分の問題も、そのひとつとされています。
ホームヘルパーについてふれると、正規の職員として働くのはごく少数に過ぎず、あとは時給などで働くパート職員が圧倒的に多いようです。

介護保険の施行によって、給与の額も制限されます。その日によって、一日に泊まることがある日とない日とでは、給与も毎日変わってくることになります。


これらの介護分野の求人は、万年の人手不足といわれています。
その対策がいろいろとられていますが、そののひとつとして、ホームヘルパーのフィリピンからの受け入れが決まりました。
これは、日本とフィリピンとで結ばれたFTA(自由貿易協定)のなかのひとつです。
すでにフィリピンの現地では、日本へのホームヘルパー養成に向けて動いているそうです。技術の面はもちろん、日本での資格取得や日本の言葉などのための、専門的な人を育てているようです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。