介護・福祉ガイダンス…介護福祉士や介護保険など



介護福祉士とは…介護唯一の国家資格

介護福祉士は国家資格です。その主な仕事は、
1.身体障害者、精神障害者、高齢者の食事・入浴・排泄等の介護 
2.介護を受ける人とその家族とともに色々な相談を受けたり指導をしたりする
ことです。

介護福祉士になるには…

1.国家試験を受けて合格したもの
受験資格:3年以上の介護の実務を経験者、あるいは、同等の実力を持つもの

2.国家試験を免除されたもの
免除資格:国の指定期間である介護福祉士養成学校等で教育を受けて卒業したもの

介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれます。
介護福祉方面での唯一の国家資格です。
(1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」によって定められている)



ホームヘルパー(訪問介護員)と介護福祉士との違いは

1.介護福祉士はホームヘルパーの上位に位置する資格

2.介護福祉士が国家資格なのに対してホームヘルパー1〜3級は公的認定資格とされ、厚生労働省の定めた養成課程を終了すればホームヘルパーになることができる

3.両者とも介護全般に関する仕事を行うのですが、行動範囲がホームヘルパーは介護福祉士に比べ狭く、給与や待遇の面でも常勤職員と非常勤職員とで差がつくなど、介護福祉士のほうが優遇される
タグ:介護福祉士
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。